流れ雲

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパーラジオの組立て

<<   作成日時 : 2017/07/11 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本放送協会(NHK)によるラジオ放送に加えて、昭和26年(昭和26年)には、民間放送ラジオが名古屋を初めとして東京、大阪などで開局しました。そして1953年9月(昭和28年)には、岡山でも山陽放送ラジオが開局。
 ラジオ屋で真空管などを取り換えながら、長年、大切に使ってきた4球式ラジオ(並四)は、夜間には、県外のラジオ局と混信(同時に二つの放送が聴こえる)するようになりました。
4球式ラジオには、感度をあるための再生ダイヤルがありましたが、感度を上げすぎるとピー・ギャーと発信して、耳障りな音が、隣家のラジオまで伝わり、隣家でラジオをつけたのが分りました。
 そこで、スーパーヘテロダインラジオ(五球スーパー)という新方式のラジオが発売されましたが、ナショナルなどの既製品は高額で誰でも買えませんでした。
 ラジオ少年であった私は、岡山の西大寺町にあった山田無線などに、5里(20キロ)の道のりを自転車で、ラジオ部品を買ってきて、ラジオやアンプなどの組立てに夢中になっていましたが、親戚などから依頼されて組立てキットを買ってきてスーバーラジオを組み立てたこともありました。アルミのシャーシーに真空管やトランスの穴をあけて,抵抗やコンデンサーなどの部品を半田付けして、徹夜で調整していると、夜が明けともに放送が開始されて、ラジオが鳴り出した時の喜びは今でも忘れられません。写真は、納屋の二階でホコリを被っていた、懐かしいナショナルのオールウェーブのラジオですが、昔とった杵柄? で鳴らしてみたいと考えていますが・・・・・・。

画像


画像





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーパーラジオの組立て 流れ雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる