アクセスカウンタ

流れ雲

プロフィール

ブログ名
流れ雲
ブログ紹介
私のホームページ「私の花畑にようこそ」と連動して、古代山城の大廻小廻山の麓の草ケ部の風景や身の回りの出来事、思い出を写真とともに記録したいと考えています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
鉱石ラジオの不思議
 新制の熊南(ゆうなん)中学校に集められた中学の先生の中には、南方での戦争体験など、ユニークな話しを聞かしてくださる先生が多い中で、私の担任の川崎先生はまじめな理科の先生でしたが、ラジオの組み立てについて放課後に教えて頂きました。それが病みつきで、高校時代はラジオ少年となり、そして県庁では防災無線電話、そしてテレビ放送が私のライフワーク、生涯の飯のタネになってしまいました。  ラジオ山陽(現RSK)が1953年9月に放送を開始するまでは、岡山市の網浜に送信所があったNHKの第一と、戦後に放送か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/13 21:20
私のアダ名は変圧器?
 戦時中は灯火管制でしたが、戦争が終わっても暫くは電力不足。地域と時間を決めての計画停電もあって、夕食を食べていると突然、停電することも度々。ロウソクの灯りで食事をすることもありました。そのロウソクもなかなか手に入らず、電気の来てない時代に使われていた灯油ランプも使っていましたが、その石油もなかなか手に入らず、食糧不足の時代、稲のウンカの予防のために配給されていた、DDTの溶かされた臭い石油も使っていました。  また、夕食時に近所で一斉に電燈を灯すと、電柱に吊るされた変圧器のフューズが切れるこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 22:22
棟上げのセレモニー
棟上げのセレモニー  五月晴の吉日。工事中の次女夫婦の新居の昔ながらのハッピ姿での棟上げ式がありました。近所の皆さんからも祝福して頂きました。新居は私の住まいの目と鼻の先。晴天に恵まれて、わが家の高台の縁側から眺めることもできました。棟梁に統率された法被姿の大勢の大工さんにより、見る間に棟上が上がり、伝統の棟札を打ち込む昔ながらのセレモニーも。どんな家か出来上がるか楽しみのこの頃です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 15:58
大廻小廻山城と四天王屋敷
大廻小廻山城と四天王屋敷  岡山大学の付属図書館で閲覧した、池田家文書の中の大廻小廻山の実測絵図を閲覧すると、四天王屋敷と古代の寺院跡が描かれていました。四天王屋敷の伝承については、江戸時代の山争いの訴状にも記されていますが、絵図にも記載されているとは!! かっては山中にあったと伝えられている古代寺院の跡や大廻山と小廻山を取り巻く城塁に並ぶ石仏までも描かれていました。私にとっては久しぶりの大発見です。  早速、ネットで調べると、 白村江の戦いの翌年である664年に築城された大野城にも四天王が祀られていました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 16:28
新制中学一年生は土運びの毎日
新制中学一年生は土運びの毎日  大東亜戦争(太平洋戦争)が勃発した年。昭和16年4月(1941)に私が小学校に入学したときは、それまでの尋常小学校から国民小学校に教育改革が行われました。そして昭和22年(1947)に中学校に入学したときも新制の中学の一年生でした。そして高校も新制の高等学校の1年生として入学。私たちの世代は教育改革に翻弄されました。  新制の中学校は國府村と隣接した美和村、御幸村との組合立で設立されましたが、それまでの國府小学校の高等科の跡が仮教室でした。  そして、吉井川に架かる備前大橋(当時はすぐ上流... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 19:29
大東亜戦争と模型飛行機
 戦時中の少年時代。紙飛行機や、竹ヒゴを曲げた翼に半紙を張ったグライター。そしてゴム紐でプロペラを回転させる模型飛行機を作って、友達と飛距離を競っていました。  また、糸巻きの中にゴム紐を通して、ネジ戻しを動力とした戦車(タンク)も作っていました。ゴム紐を強く巻くと、ゴムが切れてしまっていましたが、そのうちゴム紐も手に入らなくなりました。  また、私の通っていた小学校は鉄筋3階建でしたが、競技大会で屋上から校庭に飛ばしたグライダーが道路を隔てた民家の二階の屋根の上まで飛んでいってしまった思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/01 21:47
建設中の東京タワーの灯り
建設中の東京タワーの灯り 昭和32年12月、関東特有の木枯らしの吹く夜、校庭に出ると、南の方向に建設中の東京タワーの灯りが赤く輝いていました。  映画ALWAYS三丁目の夕日で、薬師丸ひろ子らが東京タワーが見える下町での生活を描いていますが、中野の駅前の街頭テレビには、力道山などのプロレス中継に観客が集まっていました。 私は、昭和32年8月末の夕刻。岡山駅のホームで職場の同僚に見送られて、蒸気機関車に牽引されていた特急つばめで上京しました。  夕刻発車する 岡山駅のホームには、転勤する仲間などを送る人々で賑い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 18:24
大平山の思い出
大平山の思い出  昭和33年3月(1958)、大平山無線中継局に赴任しました。  大平山の麓の豊野に宿舎があって、2人制での24時間交代勤務でしたが、朝鮮戦争で活躍した米軍の払下げのジープなどで山頂に送り迎えして貰っていました。  交代で自炊していましたが、当時まだ電気炊飯釜もなく、羽釜の中に研いだ米を入れて、指先で水加減をしていました。電気冷蔵庫もなく、オカズはクジラの缶詰とトマト、梅干しが定番。  人里離れた山頂の無線中継局は、電子機器の進歩によって次第に無人化されましたが、残された県庁の仲間は、一人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 14:37
官姓名を名乗れ!
官姓名を名乗れ! 今朝の山陽新聞を読んでいると「機動通信隊に26名を任命」という記事が目にとまりました。隊員は警察庁の技術専門職員が中心。事件や災害の現場から衛星通信や無線で映像や音声を県警などに送信する。昨年は熊本地震や鳥取地震の被災地にも出動し、被災状況の確認や行方不明者の捜索などを支援した・・・・・・。との記事でした。  ラジオ少年であった第二の職場は、岡山県総務部企画監査課技師の辞令でした。当時の知事は三木行治、60年も前のことです。無線従事国家試験に合格していました。  研修のために派遣された職場... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 09:13
東洋のマチュピチュに再挑戦
東洋のマチュピチュに再挑戦  テレビ番組で東洋のマチュピチュが新居浜にあると知りました。  そして昨年、四国一周のドライブの帰り、別子銅山のテーマパークのマイントピアリ別子から林道を登って、標高約750mの東平索道停車場跡に登りましたが、残念ながらマチュピチュは小雨で霧の中でした。  今年は天候を見計らって4月4日にリベンジ。尾道から、しまなみ海道を渡りマチュピチュに再挑戦。念願の赤煉瓦の鉱石選別場と索道の全容をカメラに収めることができました。こんな山中に最盛期には5.000人もの人が生活していたなんて、小学校もあった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 12:46
痛い痛いが口癖に
 インフルエンザで治療を中断していた左膝の痛みが増してきたきめ、再び整形外科に。やはり膝に水が貯まっていると水を抜いてヒアルロン酸を注入。漢方薬を処方されました。漢方薬は防己黄耆湯。  翌日は痛みがなくなり、うれしくなって大池の畔を歩いてみました。しかしまたまた痛むようになりました。またまたリハビリ通いが続きそう。 痛い、痛いと叫んでも、大げさなと家内もウワノソラ?。 痛さを測るメーターが欲しい?   "イタイイタイ飛んでいけ!!    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 10:14
野壺とリサイクル
 今日は岡山大学埋蔵文化財調査研究会の公開講座を聴講しました。講演は「絵図にみる岡山城下町」と「野壺とリサイクル」でした。  戦前といっても私が広瀬町から弘西小学校に通っていた時代の記憶を思い出しました。肥桶(こえたご)を天秤で担いだお百姓さんが裏庭から入ってきて、野菜を置いて帰っていました。また山陽線の北方のガード北には、岡山市の集荷場があって、肥桶を満載したトラックが出入りしていました。今のような屎尿処理場がない時代、どこまで運んでいたのでしょうか?  また魚捕りやトンボ捕りで西川や旭川... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 20:21
キャッチ&リリース
キャッチ&リリース ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 12:09
70年ぶりに母校訪問
70年ぶりに母校訪問  子供の登下校の安全を見守っている郷里の友人に誘われて、70年ぶりに母校を訪問しました。國府小学校の3年生による発表会でした。郷土の古墳や城址、そして神社などの興味深い調査の発表でした。  勿論、当時の校舎などの面影はありませんが、懐かしいの一語でした。  1945年7月の岡山の空襲で母親の郷里に疎開。5年生の2学期から卒業までの2年に満たない通学でしたが、、8月には終戦、夏休み明けの9月には、台風による大雨で今の備前大橋の上手の堤防が決壊、校舎も大水害で水浸し何日も水浸し、二学期は教室の床... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 11:31
社会人スタートの思い出
社会人スタートの思い出  早くもリクルートのシ−ズン。山陽新聞のリクルート特集を読んで、初めて就職した会社を思い出して、会社のホームページを検索してみました。  60年も前のこと、1年で退職してしまいましたが、大学への進学をあきらめての社会人としてのスタートでもあり。思い出の深い会社です。創業間もない会社でしたが、家族的な温かい雰囲気の会社でした。上司や仲間の顔が走馬燈のように瞼に浮かびます。入社した時の記念写真と思い出して開いて見ました。  私はまだ学生帽した。後列右から3番目の美少年?  後ろめたさもあって、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/04 10:30
映画「沈黙」と命の大切さ
 友人から「沈黙」の作者の遠藤周作の1966.6月の紀伊國屋ホールで講演がネットで聞けるとアドレスを教えて頂きました。早速、ベッドの中にスマートフォンを持ち込んで一人静かに聞きました。  キリストの踏み絵を踏んだ人と、踏まなかった人。命を懸けたこの深刻な課題を巧みな話術で、聴衆の笑いを誘っていました。   私にはこのような深刻な問題を論ずる知識も見識もありません。しかし、戦時に生まれ、高度成長の時代に生きてきた一人として。上司からたとえ「お前逃げるのか」と・・・、脅かされ、威圧されても、正否... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 20:56
テレビニュースで老醜を晒す
テレビニュースで老醜を晒す 2月7日夕刻。OHKテレビの「みんなのニュース」のローカルで、我が家のモノラックが放送されました。 タイトルは「福祉の分野に広がるモノレール」  「おじいちゃんが今、テレビに出ていたと、孫娘から即刻電話がありました。 一週間前に取材がありました。モノレールで灯油缶を運ぶというシナリオ。、放送日も聞きもせず。当日の朝刊のテレビ欄をみた先輩からの電話で放送を知りました。どうせ老醜を晒すことになる・・・・と、だれにも話していませんでした。 日頃のスキー帽から爺くさい毛糸のスキー帽に。オンエアーを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 20:45
祖母から叱られた
 今朝の山陽新聞の「滴一滴」によると、遠藤周作氏原作の映画「沈黙」が公開されて話題になっているようです。江戸時代の激しいキリスト教の弾圧と信仰を巡る葛藤が描かているとのことです。早速、YouTubeで予告編やETV特集などをスマートフォンで閲覧しました。  森羅万象・・すべて神様。 神社やお寺にお参りして手を合わせる。これが古代からの日本人の自然信仰の風景ではないでしょうか。  思いだすのは、岡山空襲て祖父母のいる母の実家に移住した時のこと、祖母は日の出を「ありがとうございます」と毎日拝んで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 13:12
インフルエンザ
 作秋に予防注射していたので安心していましたが、一週間前からインフルエンザでダウン。タミフルと肺炎予防の薬を一週間飲みました。タイプ゛が異なるウイルスに感染したようです。あの時に感染したかなという心当たりもありますが、抵抗力が弱っていたのかも。外出の機会の少ない私が感染する機会は多くありませんが、疑わしいのは医院通いと、膝の治療のための整形。そして久し振りの写真の同好会でのお喋り・・・・と勝手に邪推しています。賢者危ういところには近づかず・・・・ですが。  今日はOHKによる4年前に我が家に設... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/31 17:58
お飾りはやし
お飾りはやし  今日はこの冬で初めて小雪が舞う寒空でしたが、朝早くから、お正月のしめ縄飾り取り外して、ドンド焼きをする日です。あちこちの出入り口に飾っていた、しめ縄を外してそして神棚にお供えしていた鏡餅をどんどに入れて焼いて神棚にお供えして、昼にはゼンザイにして家内と頂き暖まりました。  ドンド焼きは組内の人々が大池の下の広場に集まって、焚火を囲みながらするのが昔からの慣習ですが、今日は煙も見えず、我が家の庭先でハヤシ(燃やし)ました。正月のお飾り作りや、どんどの風習も世代の交代とともに消えつつあるようです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/14 15:07

続きを見る

トップへ

月別リンク

流れ雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる