アクセスカウンタ

流れ雲

プロフィール

ブログ名
流れ雲
ブログ紹介
私のホームページ「私の花畑にようこそ」と連動して、古代山城の大廻小廻山の麓の草ケ部の風景や身の回りの出来事、思い出を写真とともに記録したいと考えています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
秋祭りとダンジリ
秋祭りとダンジリ  実りの秋は、草ケ部の鎮守の森の立河神社の秋祭り。10月15日(金)は神社の秋祭り、14日(土)には恒例の子供達に曳かれた楽車(だんじり)が村中を錬り歩きました。  昔は秋祭りには額建てといって、神社の鳥居の前と村の東の入り口に屋根のある門を組み立てて、提灯を飾っていましたが、今から30年も前。軽トラックのシャーシーに乗せた楽車の製作、子供たちが載って太鼓を叩き、宮総代が先導。子供達がロープで引っ張り、子供会の父母たちが後押して村中を巡りました。  しかしダンジリが製作されたときに撮影した写... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 21:17
20才の青春、国家試験受験を目指して守口へ
 邑久高校の普通科を卒業して、山陽電研に就職。先輩から、ヤスリ掛けから分電盤の組み立て、そして筐体の塗装まで、先輩から厳しく教えて頂き、私の特技として、その後の職場でも、大いに役立ちました。  設立間もない会社の専務や係長は独学で電気技術者の国家試験の1級、2級を取得していると聞き、私も高校時代に通信教育講座のテキストを次兄に買って貰っては読んではいましたが。大阪の無線学校で本格的に国家試験の受験に取り組みたいと考えるようになりました。  そしてついに、1年で山陽電研を退社。夜間部で勉強して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 21:57
次女夫婦の新居落成
次女夫婦の新居落成  次女夫婦が大池の畔に建築していた新居が完成しましました。 引き渡しに先立って、連休の10月7日(土)からの三日間。建設して頂いた福富建設による見学会が開かれました。 そして隣組の皆さんなど多くの皆さんにも屋内の造作を見て頂きました。  屋内も屋外も杉板張り、槇ストーブの煙突がそびえる和洋折衷の木造住宅ですが、新居の2階から眺めると、眼下には大池の遊歩道のコスモスや芙蓉が咲き、大池と対岸の向山、そして遠くに熊山などの、山並みを眺めることができました。  そして新居は私の母屋より目と鼻の先... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 19:49
中秋の名月 大池公園でのお月見会
中秋の名月 大池公園でのお月見会  昨夕は「中秋の名月」(旧暦8月15日)。大池公園の遊歩道の広場で、近所の人たちと、寿司屋から取り寄せた握り寿司を頬張りながらの、お月見会を開きました。若い女性に美味しい抹茶も立てて頂きました。 晴天に恵まれて、夕闇迫る東の空には、まん丸いお月さんが浮かんでいました。  そして夜も更けて、天空の冴えわたる満月の夜空には、一等星などの明るい星がキラメキ。そして満月に照らされた流れ雲が浮かび。ジェット機の点滅する灯りが、北に西にと交差していました。数えると四機、誰を乗せて、どこに向かうのでしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/05 18:15
自給自足。83才の誕生日
 今日は私の83歳の誕生日です。家内が朝食に赤飯を作って祝ってくれました。  先日、NHKのテレビを見ていると、北海道の町工場の社長の植松努さんと、脳科学者の茂木健一郎氏が出演していました。社長は本業のマグネットの製作の合間に小さいロケットを作って打ち上げて遊んで? いました。私の少年時代、邑久高校科学クラブでのロケットの打ち上げを懐かしく思い出しました。 植松社長は3歳のときお爺さんの膝で月面着陸のテレビを見たとのこと。 ないなら作る・・・。失敗は成功の母・・・。失敗したらまず笑う・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 11:39
宮総代と伊勢神楽
宮総代と伊勢神楽  9月15日は近くの立河神社でのご祈祷祭でした。 そしてこの日は、昔々の江戸時代から伊勢神楽の日でもありました。伊勢大神楽の一行は、今年も朝早くから家内安全と鎮火のお札を配布して巡り、午後4時からは神社の境内で伊勢神楽の奉納がありました。  私は、この歳になって初めての宮総代。若い人の教わりながら朝早くから幟たてや、境内の清掃を手伝いました。 私が、伊勢神楽を初めて見たのは岡山空襲で田舎に疎開した小学生の時でしたが、神楽の来るのは9月1日でしたが、始業式が終わると急いで帰っていました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 18:05
原子爆弾と台風
原子爆弾と台風  北朝鮮が広島原爆の10倍もの水爆実験をしたというニュースが流れていますか、邑久高校科学クラブの機関紙の2号を読んでいると、同級生の的場君が「原子爆弾と台風」という記事を投稿していました。  彼は、NHKで毎日、定時に放送されていた、全国の天候や気圧、風向、などを速記して、天気図を作成して、明日の岡山の天気を予測して、校内放送で放送していました。  ファクシミリやテレビもない時代です。 彼は、広島に落とされた原子爆弾の何倍かのものを台風の中心に落として潰してしまう。また原子爆弾で低気圧を作... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 21:37
邑久高校科学クラブの思い出
邑久高校科学クラブの思い出  邑久高校科学クラブの機関紙の創刊号を保存していることを思い出し、探し出して最後のページを見ると、私は編集兼印刷者3人の一人でした。  当時は謄写版(とうしゃばん)、通称ガリ版刷りといっていましたが、ヤスリ版の上にロウを塗った原紙をのせて、鉄筆でガリガリと刻み、ローラーに塗ったインクで指を真っ黒に汚しながら印刷していました。  そして当時2年生であった私は、「モールス練習機の試作」と「ブラウン管・オシログラフ製作記」の二編を投稿していました。普通科の生徒が,よくここまでと・・・感心しています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 21:57
ロケットと弾道ミサイル
ロケットと弾道ミサイル  北朝鮮による弾道ミサイルが日本を通過したことがニュースで大きく報じられています。 私の高校時代、第二次大戦中のドイツのX2ロケット開発の余波で、ソ連とアメリカで大陸を横断するロケット(大陸横断ロケット)の開発競争がはじまっていました。そして日本でもロケットの平和利用を夢見て、東大の糸川博士らによるペンシルロケットの実験が話題となっていました。  高校生の私の夢の一つは、ロケットでの宇宙旅行でした。  今でも忘れられないのは、科学部の部員で自作した反射望遠鏡で深夜、高校のグランドで観測し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/31 21:19
新聞を読む力を身につける
 昭和26年4月、新しい教育制度による新制邑久高校に入学しました。授業は単位制で必須科目と選択科目がありましたが、時間割を見ながらジプシーのように講義のある教室に移動していました。そして上級生と机を並べて講義や試験を受けていました。  また大学への進学を目指していた仲間は世界史や人文地理を履修していましたが、私はいきなり時事問題を選択してしまいましたが先生は、新聞の切り抜きを教材にして講義していました。朝鮮戦争の最中のレッドパージの嵐の中での講義でした。  ゛今でも、放送局や新聞社の記者たち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/31 15:11
Jアラートと防災無線
 北朝鮮ミサイル通過。早朝。鳴り響く警報 鉄道ストップ休校も・・・・・防災無線にトラブル。大きな混乱なし。今朝の山陽新聞の見出しです。  70年も前の少年時代。空襲警報のサイレンに怯え。平和の世となり、青年時代は防災無線の草分けに係り、そして新設されたu局で県下隅々までのサ電波サービに携わった私としては、見過ごすことのできないショックな見出しでした。  早速ネットで、Jアラートを検索してみました。  Jアラートは2007年から政府が展開している、「全国瞬時警報システム」の通称です。このシス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/30 22:11
新聞を読め!! が親父の口癖
 高校時代、村会議員から村長に選ばれていた父親の口癖は、俺は新聞で勉強した、毎日配られてくる新聞を読め・・・・・。でした。 親に内緒で師範学校を2度も受けて合格したが、お金がなくて進学させてもらえなかった・・・・・と何度も聴かされました。役場の書記や大阪の天満の乾物問屋に奉公の末、母親と結婚してから、愛知犬山市で巡査となったそうです。  巡査は実力の世界であるとも、昇進試験で警部に昇進して、県立美術館のある石関町にあった県庁に勤めていましたが。農地改革で不在地主は水田がとられて、子供達を食べ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 20:47
青春時代の苦い思い出A 警視庁の採用試験に落第
 また警視庁に入ると、大学の夜間部に通わせてもらえると友人に誘われて・・・・・。 岡山で開かれた試験会場まで自転車を踏んで東京警視庁を受験しましたが、体格検査で不合格。そうそうショックだったのは・・・・・順番に並んでパンツを脱がされて、痔と淋病の検査。 検査官は徴兵検査の手法を踏襲していたのでしょうか? 戦後はまだ終わっていませんでした。   帰りの自転車のペタルを踏むのが重かったこと・・・・目の前が真っ暗で、家に帰りたくなかった・・・・今でも思いだすと涙がコボレます。  合格した友人は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/22 11:41
青春時代の苦い思い出A 警視庁の採用試験に落第
 また東京の警視庁に入ると、大学の夜間部に通わせてもらえると友人に誘われて・・・・・。 岡山まで自転車を踏んで東京の警視庁を受験しましたが、体格検査で不合格。そうそうショックだったのは・・パンツを脱がされての痔と淋病の検査。 検査官は徴兵検査の手法を踏襲していたのでしょうか? 戦後はまだ終わっていませんでした。   帰りの自転車のペタルを踏むのが重かったこと・・・・目の前が真っ暗で、家に帰りたくなかった・・・・今でも思いだすと涙がコボレます。  合格した友人は、苦学して警視庁の警察署長まで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/22 11:28
青春時代の苦い思い出@ 英語は敵性語?大学受験を断念
ラジオ少年であった私は、新しい教育制度で発足した新制高校の受験間近になって、納屋の屋根裏にハシゴを架けて昇り、深夜遅くまで俄勉強。その甲斐あってか、邑久高校普通科の進学コースに編入されていました。 高校での私は、幾何や解析などの数学や物理などは得意な学科でしたが、英語が大の苦手でした。日本語読みで、みんなからクスクスと笑われて、ますます英語嫌いに。しかし漢文の時間は楽しかった。  都合のよい勝手な言い訳は、英語は戦時中は敵性語でした? 英語が苦手のため岡大の受験も断念。あとから聞くと、同じク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/22 11:06
終戦72年 惨禍忘れず
終戦72年 惨禍忘れず  昨夕は大池公園で、村人が集って、万灯の灯によって精霊をお送りしました。 上道町史によると、万灯は、戦国時代の武将、宇喜多直家が戦乱で亡くなった戦死者を弔うために衆僧を集めて供養したのがはじまりとされています。  大池の土手には子供達等が書いた百基もの万灯の灯り。そしてライトアップされた万灯山の山門の灯りの中で、築地山常楽寺の住職と若和尚の読経によって先祖の精霊をお送りしました。  表題は昨日の山陽新聞の朝刊のトップの見出しですが。全国戦没者追悼式で天皇陛下は「深い反省とともに、今後、戦争... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/08/16 21:14
ブログを冊子にまとめました
 流れ雲のブログを書き始めてから、はや一年が過ぎました。 ブログはインターネットで世界中につながっているだけに、誰が読んでいるか分らず。私の戦争体験、日常の暮らしや経験などを、少しでも次世代に伝えておきたいと、緊張感を持って書いてきました。 日記といっても数えてみると80回、しかも書きっぱなし。読み返してみると、誤字脱字も多くて稚拙。カウンターは680。 しかし、スマートフォンの時代といっても、同世代の友人のほとんどは、ネット社会とは疎遠で暮らしています。 そこで、これまでの一年間のブロ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/03 21:22
猛暑の夏は昼寝に限る
 今年は梅雨らしき長雨もないままに、このところ34度という猛暑が続いています。 我が家は、明治2年に棟上げをした、麦ワラ拭きのスキマだらけの平屋で、壁も天井もスキマだらけで、冬の寒さは身に堪えますが。梅雨明けの今の季節は、表から裏へ、そして屋根裏へと・・・風が吹き抜けて、いまだにクーラーなしで、やり過ごしています。  日本建築は、梅雨明けの蒸し暑い夏をやり過ごすことができるように考えて造られてきたようです。 猛暑の夏は風通しの良い部屋。いや場所で昼寝するに限りますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 21:57
スーパーラジオの組立て
スーパーラジオの組立て  日本放送協会(NHK)によるラジオ放送に加えて、昭和26年(昭和26年)には、民間放送ラジオが名古屋を初めとして東京、大阪などで開局しました。そして1953年9月(昭和28年)には、岡山でも山陽放送ラジオが開局。  ラジオ屋で真空管などを取り換えながら、長年、大切に使ってきた4球式ラジオ(並四)は、夜間には、県外のラジオ局と混信(同時に二つの放送が聴こえる)するようになりました。 4球式ラジオには、感度をあるための再生ダイヤルがありましたが、感度を上げすぎるとピー・ギャーと発信して、耳障り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/11 20:38
岡山空襲の惨劇を伝える写真展
岡山空襲の惨劇を伝える写真展  今日は、私にとっても忘れられない72年目の岡山空襲の日でした。  「岡山空襲の惨劇を伝える資料展」が岡山市中区桑野の岡山ふれあいセンターで開催されていることを山陽新聞で見て、午後から友人と家内と共に見に行きました。  資料展は「戦時中の子供たち」がメインテーマでしたが、戦時中の子供たちの写真と、岡山空襲や広島原爆で家族を亡くした悲劇の短編アニメも上映されていました。  会場で頂いた岡山市が作成のした「岡山空襲の記憶」のパンフレットには、米軍が撮影した岡山空襲の前後の鮮明な航空写真... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/30 10:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

流れ雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる