アクセスカウンタ

流れ雲

プロフィール

ブログ名
流れ雲
ブログ紹介
私のホームページ「私の花畑にようこそ」と連動して、古代山城の大廻小廻山の麓の草ケ部の風景や身の回りの出来事、思い出を写真とともに記録したいと考えています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
記念の写真
記念の写真   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/24 21:20
「人間回復」の想いを未来に!長島大橋
「人間回復」の想いを未来に!長島大橋 昨日は、瀬戸内市の「ゆめトピア」にて開催されたシンポジュームに参加しました。 テーマは、「人間回復」の想いを未来に〜過去、現在。そして〜世界遺産〜 でした。 邑久長島大橋架橋30周年記念のシンポジュームでしたが大勢の人が参加ていました。  基調講演は、鳥取市の野の花ホスピタル病院の院長の徳永 進氏でした。安保反対などの学園闘争の時代。同じ下宿の仲間が、汗を流して奈良市内に建設していた宿泊施設「結びの家」の建設に参加したこと。  そして「人間はいずれ死を迎える」ことを受容して、今を生きる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/02 16:44
今日は平成最後の終戦記念日
今日は平成最後の終戦記念日   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/15 12:14
みなと神戸の花火大会
みなと神戸の花火大会  「みなとこうべ大花火大会」のバスツアーで久し振りに花火見物をしました。  神戸港のメリケンパークのオリントホテルの旅客桟橋から、5000屯、1,000人の遊覧船に乗り、神戸港の防波堤の外から、神戸港で打ち上げられた15000発の花火をデッキで見物しました。  摩耶山や神戸の夜景をバックにした、海上から眺めた花火は情緒があって、夢中でシャッターを切っていましたが、穏やかな海でも、やはり揺れる船とスローシャッター。残念ながらパネルに伸ばすような写真は撮れませんでしたが、しっかり目に焼付けて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 20:25
千丈の堤も蟻の一穴から崩れる
 猛暑の中、水害の後始末や復旧工事に携わっている人がいます。熱中症も心配です。 砂川の決壊の歴史を調べていると、百間川と砂川の決壊による大水害の被害の記録と、決壊と浸水の絵図が上道郡誌に掲載されていました。いまから126年前の明治25年のことです。 この絵図には、このたび決壊した砂川の西平島あたりの堤防が3か所も決壊していました。 ・・・・・千丈の堤も蟻の一穴から崩れる・・・・・という諺もありますが。  このたび決壊した砂川左岸の堤体は自転車道しかなく、歩いたこともありませんか、いつも車... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/02 16:17
台風12号 東から西へ
台風12号 東から西へ  東海に上陸した台風12号が瀬戸内を西に走り、伊勢に再上陸、奈良、兵庫、岡山、広島と瀬戸内海を東から西へと移動しました。  台風が東から襲来するとは? 梅雨明けの集中豪雨によって、近く砂川の堤防が決壊して、有史以来の被害後だけに心配です。  台風が瀬戸内海を東から西に抜けるとは、気圧配置やそのメカニズムなど、そのうち新聞などで解説されると思いますが、人生80年、異常気象とは云え、私の常識を覆す出来事です。  テレビやショートメールなどで、早めの避難を勧告していますが、”備えあれば憂... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/29 09:57
岡山豪雨、砂川堤防の決壊に思う
岡山豪雨、砂川堤防の決壊に思う  半世紀も前になりますが、私は岡山県庁の技師を拝命して、全国に先駆けて三木知事が全国に先駆けて導入した超短波無線電話による県庁と県下の出先事務所(当時は地方事務所)と結んだ行政無線電話網。現代の防災通信網の保守運用にあたっていました。  そして、台風などで旭川や高梁川などの河川の氾濫の恐れがあると、無線通信統制室で徹夜で地方事務所や県営の旭川発電所などから、河川課など関係部局への水位の報告を統制(接続)していました。勿論、当時は携帯電話や衛星通信網もありませんでした。  私は雨男かも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/29 09:47
梅雨明まじかの砂川の氾濫
梅雨明まじかの砂川の氾濫  梅雨明けまじか。活発な梅雨前線により、岡山市で310mm、津山市で420mmの大雨が降り、県下の、河川が氾濫して9河川の堤防が決壊しました。  7月7日の早朝には、我が家の1.5キロ東方を流れる砂川の左岸も国道250線の砂川大橋と上流の楢部橋のとの間で早朝に決壊。そのため平島地区をはじめ多くの世帯が、床上までも浸水しました。  砂川は赤磐市の吉井地区などの吉備高原を源流としていますが。江戸時代の大改修により、水路を変更して付け替えられています。  多分、それ以来、200年来の大水... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 10:23
キティ新幹線吉井川を渡る
キティ新幹線吉井川を渡る    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/01 13:22
岡山空襲73年、残された私の記憶
岡山空襲73年、残された私の記憶  6月29日は岡山空襲73年目の日です。昨夜は深夜から始まったサッカーのワールドカップの中継を観てから寝しましが、0対1でポーランドに負けているのに、決勝戦への進出を目論での撤退作戦、味方同士でボールを回していました。   岡山空襲で避難や疎開した思い出は、昨年、このブログにも書きました。当時は灯火管制で、電灯には、灯りか漏れないように黒い布で覆い、窓にも黒い紙を貼っていましたが。枕元には防空頭巾やゲートルや靴、そして三角巾などを入れ袋を置いて寝ていました。そしてカーキー色の学生服の胸には、名... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/30 16:03
田植えとアイスキャンデー
田植えとアイスキャンデー   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/27 23:13
足ふみ水車と永久動力
足ふみ水車と永久動力   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 09:23
古代の光通信からインターネットの時代
古代の光通信からインターネットの時代 現代の光通信は、ご承知のように、髪の毛のように細いクラスアァイバ線にレーザー光を閉じ込めて、画像や文字などを符号化して送受信しています。 古代の光通信は、送手は鏡に直接、太陽の光を反射させて、受手は、鏡から反射したキラキラ光る光りを目視していましたが、太陽の光は強力なため、晴れた日に、見通しさえあれば、どんなに遠距離でも目視できたようです。そして鏡からの反射光を仲間で決めた約束事(暗号)でた光を手元で遮って情報を伝えていたようです。因に現代でも救命ボートには手鏡が積まれているとのことです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 13:41
熊山石積遺跡は神聖な光通信基地
熊山石積遺跡は神聖な光通信基地   律令制の時代には。奈良の都から大宰府まで山陽道を駅令が山陽道を馬を乗り継いで、5日間で文を届けていたとのことです。  しかし、人と人との間の通信、コミニュケーションの原点は会話ですが、集団で生活するようになると、大声や太鼓でも届かない離れた仲間への連絡の手段として、人々は何を考えたのか。  まず考えられるのは、@高いところに登って旗などを振る。A火を焚いて煙りや炎で合図する。B鏡に太陽の光を反射して合図する。  因みに電話のない江戸時代から明治時代、見通しの良い山頂で、昼間は手... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 17:07
草ケ部から仰いだ霊山熊山
草ケ部から仰いだ霊山熊山   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 21:26
稲作文化圏と麦作文化圏
稲作文化圏と麦作文化圏 週刊朝日に連載中の脳研究者の池谷裕二さんによる「バカトルの万脳薬」2018.4.27によると、稲作文化圏と麦作文化圏とでは気質が異なり、稲作文化では近隣とうまくやっていくことが求められ、自分を抑えて周囲に合わせる傾向があると。  稲作では、集落で水を分配する、ため池や用水があり、社会のルールがあり、収穫期には隣人の手助けも必要で、近隣とうまくやっていくことが求められ、自分を抑えて周囲に合わせる傾向があると・・・・。 山裾の谷間や河口の湿地帯に水田を造成して、上流からの水を絶え間なく流すための... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/11 21:47
お帰り日本ミツバチさん
お帰り日本ミツバチさん お帰り日本ミツバチさん 一昨日の夕方、池の上を分蜂したミツバチが、空を飛んでいた・・・・・と。家の前の大池公園の遊歩道を散歩している方から聞きました。  早速、裏山の5か所に新しく製作して設置した杉の丸太の待胴を見廻りしましたが、入っていませんでした。  ところが、今日の夕刻、自宅の蔵の前に、前から設置していた巣箱にミツバチが出入りしていました。  2010年5月に捕獲してから毎年、この頃になるとこの場所の巣箱に巣作りしていましたが、今年は、ミツバチを誘うために巣箱の前に置いていたキンリ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/07 21:53
中山備中守の墓碑を訪ねて
中山備中守の墓碑を訪ねて  上道町農協だよりの歴史探訪(平成4年5月・189回)に著者の竹田 稔先生が、瀬戸内市の大賀島(大雄山)の麓にある中山備中守の墓を子孫の中山義春氏の案内で詣でたと書かれています。  邑久町史の郷土史編にも豊原地区の大橋に中山備中守の墓があるとされています。新緑の五月、大雄山の保護活動をされている小林さんにお願いして、中山備中守の墓に案内して頂きました。 大賀島は宇喜多一族の発祥の地であり、太雄山の頂上には古刹の大賀島寺があって、宇喜多一族の供養塔が建立されています。 大賀島(大雄山)は、古... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 15:55
スマホから、再びガラケイに!! パソコンレスキュー求む
 2年前に、ガラケイからスマホにしましたが、再びガラケイ戻しました。 何故か? @スマホは老人には毒薬? 麻薬?   いわゆるスマホ中毒・・・・ベッドの中でもスマホが離せなくなりました。買った本もツンドク? パソコンには埃が溜まり、ホームページ「私の花畑にようこそ」の更新もままならず。  このところの思考力や記憶力の低下(ボケ)の要因ではないかと? 思い切ってスマホを捨てました。  昔々の真空管時代?が懐かしい1934年生まれの私。 パソ友もいなくなりました。パソコンレスキュー求む。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 12:20
日本ミツバチの捕獲作戦
日本ミツバチの捕獲作戦  宮総代をしている鎮守の森の立河神社で伐採された、空洞になった杉を利用して、YouTubeを参考に、日本ミツバチをお誘き寄せる「まち胴」を5組製作、見晴らしの良い裏山の樹木の下に設置しました。  10年来、日本ミツバチの捕獲と採蜜に挑戦してきましたが、昨年は分蜂した日本ミツバチの集団が蔵の前に設置している巣箱に入りましたが、勢いが弱く、採蜜する前に逃げてしまいました。一説にはニコチン系の殺虫剤の影響で方向を見失い帰巣できないとか?  今年も分蜂の季節になりましたが、このところの冷え込... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/04 20:48

続きを見る

トップへ

月別リンク

流れ雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる