流れ雲

アクセスカウンタ

zoom RSS 野壺とリサイクル

<<   作成日時 : 2017/03/18 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は岡山大学埋蔵文化財調査研究会の公開講座を聴講しました。講演は「絵図にみる岡山城下町」と「野壺とリサイクル」でした。
 戦前といっても私が広瀬町から弘西小学校に通っていた時代の記憶を思い出しました。肥桶(こえたご)を天秤で担いだお百姓さんが裏庭から入ってきて、野菜を置いて帰っていました。また山陽線の北方のガード北には、岡山市の集荷場があって、肥桶を満載したトラックが出入りしていました。今のような屎尿処理場がない時代、どこまで運んでいたのでしょうか?
 また魚捕りやトンボ捕りで西川や旭川の川原の畑に行くと、あちこちに野壺があって、気を付けて歩いていましたが、危うく片足を突っ込んでしまったことも。今でも野壺の懐かしい?匂いが蘇ります。
 講演は野壺は世界に誇る肥料生産装置だったという面白いお話でした。臭い話には蓋をしろ? それにしてもこのところ臭い話がプンプン・・・・・早く蓋をしないと?・・・・・・・。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野壺とリサイクル 流れ雲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる