アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
映画「沈黙」と命の大切さ
 友人から「沈黙」の作者の遠藤周作の1966.6月の紀伊國屋ホールで講演がネットで聞けるとアドレスを教えて頂きました。早速、ベッドの中にスマートフォンを持ち込んで一人静かに聞きました。  キリストの踏み絵を踏んだ人と、踏まなかった人。命を懸けたこの深刻な課題を巧みな話術で、聴衆の笑いを誘っていました。   私にはこのような深刻な問題を論ずる知識も見識もありません。しかし、戦時に生まれ、高度成長の時代に生きてきた一人として。上司からたとえ「お前逃げるのか」と・・・、脅かされ、威圧されても、正否... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 20:56
テレビニュースで老醜を晒す
テレビニュースで老醜を晒す 2月7日夕刻。OHKテレビの「みんなのニュース」のローカルで、我が家のモノラックが放送されました。 タイトルは「福祉の分野に広がるモノレール」  「おじいちゃんが今、テレビに出ていたと、孫娘から即刻電話がありました。 一週間前に取材がありました。モノレールで灯油缶を運ぶというシナリオ。、放送日も聞きもせず。当日の朝刊のテレビ欄をみた先輩からの電話で放送を知りました。どうせ老醜を晒すことになる・・・・と、だれにも話していませんでした。 日頃のスキー帽から爺くさい毛糸のスキー帽に。オンエアーを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 20:45
祖母から叱られた
 今朝の山陽新聞の「滴一滴」によると、遠藤周作氏原作の映画「沈黙」が公開されて話題になっているようです。江戸時代の激しいキリスト教の弾圧と信仰を巡る葛藤が描かているとのことです。早速、YouTubeで予告編やETV特集などをスマートフォンで閲覧しました。  森羅万象・・すべて神様。 神社やお寺にお参りして手を合わせる。これが古代からの日本人の自然信仰の風景ではないでしょうか。  思いだすのは、岡山空襲て祖父母のいる母の実家に移住した時のこと、祖母は日の出を「ありがとうございます」と毎日拝んで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 13:12

<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

流れ雲 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる